北野武監督3分映画でもカンヌ爆笑・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野武監督3分映画でもカンヌ爆笑


さすが世界の北野監督ですね。

映画祭60回記念で世界の著名監督35人が「劇場」をテーマに各自3分で製作した短編映画集「TO EACH HIS OWN CINEMA」が20日、報道陣に公開された。
日本からは北野武監督が参加し、2番目に披露された。

わずか3分の作品でも「映画」なんですね。
あまりにも短いような気もしますが・・・。
3分で起承転結?そりゃ大変だろうなぁ。

「素晴らしき休日」の題名がついた北野作品は田舎のさびれた映画館が舞台。
俳優のモロ師岡(48)が扮した農民と北野監督演じる映写技師の物語。
モロが入場券の売り場に「大人○○円 子供○○円」と掲示されているのを見て、窓口で物知り顔に「農業1枚」と言ってチケットを買う場面では爆笑が巻き起こった。


文章で読んだだけではあまり笑えなかったんですが・・・。
でも北野監督の笑い、つまり日本の笑いが世界に通じたというのは
嬉しいですね。
わずか3分の間にキッチリ笑いを入れてくるとは、さすがです。

全35作品中、イタリアのナンニ・モレッティ監督の作品と並んで笑いをとった。

他の監督さん達がどんな3分映画を撮ったのか、非常に興味が
わきますな。
で、この短編映画達を私たちが観ることが出来るような機会は
あるのでしょうか。
DVD化・・・なんてしないだろうな。
せめて北野作品だけでも観てみたいですよね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000020-spn-ent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。