<GANTZ>二宮和也、松山ケンイチのダブル主演で映画化 1000万部の本格SFを2部作に・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<GANTZ>二宮和也、松山ケンイチのダブル主演で映画化 1000万部の本格SFを2部作に


またもやマンガの実写映画化。
この作品を読んだことはないけど、本格SFと呼べる作品を実写化するのって、難しいんじゃないかなぁ。
個人的には日本のSFには期待できないと思ってるんだけど・・・
いい意味で私の期待を裏切ってくれると良いんだけどな。
なにせ私の可愛い姪っ子がニノファンなのでw
「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、コミックス累計1000万部の人気SFマンガ「GANTZ(ガンツ)」を、二宮和也さんと松山ケンイチさんのダブル主演で映画化することが8日、明らかとなった。前後編の2作構成で、2011年冬と春に全国東宝系ロードショー公開される。 

「ガンツ」は、奥浩哉さんが00年7月から同誌で連載しており、黒い謎の球体に呼び出され、異形の「星人」との闘いを強いられる人間たちの姿を描いたSFアクション。映画は、玄野計(くろの・けい=二宮さん)と加藤(松山さん)が、星人=敵を殺さなければ脱出できないという状況に追い込まれる。生き抜くことを選択する玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤は激しく対立するが、極限状況の中で同じ答えを導き出す……というハードなストーリー。前編は基本的に原作に沿う形で、後編では2人の主人公が決断する究極の選択を描き、オリジナルの結末になるという。

製作は、フルCGアニメ「ホッタラケの島」や映画「砂時計」の佐藤信介監督と、映画「20世紀少年」の渡辺雄介さんが脚本、映画「デスノート」の佐藤貴博さんのプロデュースで、劇場版アニメ「サマーウォーズ」の「デジタルフロンティア」がCG制作を担当する。

二宮さんは、アイドルグループ「嵐」のメンバーで、クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」に出演、その演技で世界的な評価を受けた。今回、屈折した男を演じる二宮さんは「大好きな作品に出られるだけで幸せです。この作品は、僕に人間の愚かで傲慢(ごうまん)な部分を教えてくれました。光が影を作るのではなく、影が存在したくて光をつくり出す的な。その矛盾が愛を生み出すんだと。まぁ…一言で言うとマニアックです(笑い)」と意気込む。

松山さんは、映画「デスノート」シリーズのL役でブレーク。その後も「デトロイト・メタル・シティ」や「カムイ外伝」など話題作に主演し、村上春樹さん原作の「ノルウェイの森」の主演も決定している。正義感が強く、貧しいながらも必死に生きる加藤を演じる松山さんは「エンターテインメントではありますが、描いているテーマは傷つけ合うことの無意味さです。この作品は斬新で、大胆なところがたくさんあって、そんな新しい映画に挑戦しようと思います」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000000-maiall-ent


ストーリーを読んだ感じでは、すごく面白そうな内容だね!
まずはこのコミックを読んでみたいな。
映画よりコミックの方に断然魅力を感じてしまう・・・
Copyright © 映画よろず話 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。