ハリソン・フォードの「ブレードランナーファイナル・カット」が日本でも劇場公開・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリソン・フォードの「ブレードランナーファイナル・カット」が日本でも劇場公開


けっこう古い映画ですよね、「ブレードランナー」。
テレビでも何度も放送されたから、見たことがある人は多いのでは。
ファイナル・カット、気になります。
ワーナー・ブラザース映画が、「ブレードランナー ファイナル・カット」(監督リドリー・スコット、主演ハリソン・フォード)を日本でも劇場公開すると正式に発表した。11月17日より東京・新宿バルト9にて、11月24日より大阪・梅田ブルク7にて最新のデジタル上映で公開される。スクリーンで見られるのはこれが最後のチャンスになる。

 「ブレードランナー ファイナル・カット」は、フィリップ・K・ディック著「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化したもので、82年にオリジナル版、92年に「ディレクターズカット/最終版」として公開された、先駆的ビジュアルと哲学的要素も強いストーリーで、映画ファンに高く評価されている近未来SF映画の金字塔「ブレードランナー」の最新版。

 劇場公開25周年を迎える今年、リドリー・スコット監督自らの手で「ディレクターズカット/最終版」をベースに、再編集やデジタル修正を行って美しい映像で蘇らせたもの。今年の9月1日、第64回ベネチア国際映画祭でデジタル上映にてワールドプレミアが開かれ、スコット監督をはじめ、ルトガー・ハウアー、ダリル・ハンナ、エドワード・ジェームズ・オルモスも出席して記者会見も行われ、大きな注目を集めた。アメリカでは10月にニューヨークとロサンゼルスにてデジタル上映で公開される。

 ワーナー日本支社はこの大きな反響を受けて、12月14日にリリースされる「ファイナル・カット」を含むDVDボックスセット「ブレードランナー アルティメット・コレクターズ・エディション」の発売前に、日本での劇場公開を調整してきたが、このたび公開館が決定した。


残念ながら劇場公開されるのは東京と大阪だけですか。
テレビ画面でしか見たことがない「ブレードランナー」だけど、
スクリーンでも見たかったなぁ。
ハリソン・フォードは日本でもよく知られてる俳優ですし、
この「ブレードランナー」が好きな人も多いと思うんだけどな。

私は、この映画の内容はよく覚えていません。
それなのに面白い映画だという確信があるのが不思議。
でも確かにテレビで見た、という記憶はあるんですよね。
しかも何度も見たはず。
デジタル修正によってキレイになった映像で、もう一度見てみたい。
若かりしハリソン・フォードも見てみたいし。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000003-eiga-movi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。