またまたアニメの実写版。今度はドラゴンボール・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたアニメの実写版。今度はドラゴンボール


さぁ、ネタ切れハリウッド。
またまたアニメの実写版です。
今度は「ドラゴンボールZ」。
インターネットサイトCHUD.comが伝えたところによると、20世紀フォックスによって実写映画化される「ドラゴンボールZ」の監督として『ザ・ワン』や『ファイナル・デスティネーション』のジェームズ・ウォンが決まったようだ。ウォンは脚本も手掛けるようで、撮影は11月からカナダのモントリオールで開始される見込みだ。「ドラゴンボール」は、週刊少年ジャンプに連載されていた鳥山明の人気漫画で、アジアや欧米諸国をはじめ、モロッコやトルコなどのイスラム圏でまでアニメが放映されたりコミックスが発売されていて、世界中で高い人気を得ている。

まだ監督が決まった、という段階のようですが。
ドラゴンボールの実写版って、ムリがあるような・・・。
「Z」ってことは、スーパーサイヤ人の出番もあるってことか。
っていうか、やっぱりなんかイヤだなぁ。
ドラゴンボールは好きなアニメなだけに、どんな実写になるか
気になるけど、絶対納得できない作品になりそうなんだもん。

日本のアニメの実写版というと、ジャッキー・チェンの
「シティハンター」が1番に思い出されるかな。
あれは、あれでオモシロかったけど、やっぱりシティハンターの
原作は忘れて観たほうがイイしね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000007-flix-movi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。