ロッテルダム国際映画祭では自転車移動が基本?!・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテルダム国際映画祭では自転車移動が基本?!


日本では馴染みの薄い感もある「ロッテルダム国際映画祭」。
そこに参加した牧野貴監督が現地での様子を話してくれています。
これがなかなかの珍道中で。
映画祭と言えば、上映会場にスターたちがリムジンで乗り付けるゴージャスなイメージがあるが、現在開催中の「第37回ロッテルダム国際映画祭」では、平坦な土地のオランダならではの“愛車”がゲストの送迎に大活躍!? コンペティション「タイガー・アワード」短編部門に参加中の牧野貴監督が証言する。

「オランダ到着後、空港にも駅にも迎えが来ていなかったため、直接、荷物を抱えて事務局へ足を運んだ時のことです。担当スタッフが、『上映会場まで案内するよ』と僕の荷物を積み込んだのは自転車の荷台。さらに『お前はジャンプして、このカバンの上に乗れ』と言う。さすがにそれは無茶なので、断りました(苦笑)」

牧野監督は、ミュージシャンのジム・オルーク氏が音楽を担当した短編『No is E』(2006年)で昨年、イメージフォーラム・フェスティバルで寺山修司賞を受賞した期待の新星。おまけに国際映画祭初参加で、期待に胸を膨らませてロッテルダム入りした。そんな人物にあんまりな対応のような気もするが、当の本人は思わぬ歓迎に目を細める。

「上映会場からホテルまでもやはり自転車で移動。今度は荷物をカゴに、僕を荷台に乗せて2人乗りで。ロッテルダムは2人乗りOKだそうです(笑)。途中、観光案内までしてくれて、なかなか楽しかったです」

もっとも、肝心な上映でのアテンドはバッチリ。今回出品しているのは『No is E』など4作品。
そのうちの1本『The Intimate Stars』は、生のライブ演奏で音楽を付けるのがウリ。日ごろは自分で演奏も担当するのだが、せっかくの機会に「地元のミュージシャンに音楽を付けて欲しい」と提案したところ、実験音楽グループに所属しているウォルター・ヴァン・ヴェルドーベン氏に声を掛けてくれたという。牧野監督は「期待以上の演奏をしてくれました」と日本×オランダのコラボレーションに満足げな表情を浮かべていた。

なお、短編部門の受賞結果は現地時間28日(日本時間29日)に発表されたが、残念ながら牧野監督は受賞を逃した。しかしこの珍道中を含めた映画祭の報告会を2月9日、東京・渋谷のアップリンク・ファクトリーで行う。


残念ながら受賞は逃してしまったようですが、ちょっと貴重な体験が
出来たのではないでしょうかね。

国際映画祭で自転車移動・・・なんともほのぼのした感じです。
他国の監督を自転車の荷台に乗せて観光案内とは。
相手によっては怒られるんじゃないのか?
牧野監督は楽しんでいたようで、良かったですね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000008-flix-movi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。