2007年ダメ映画決定!「文春きいちご賞」ベスト10発表される!・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年ダメ映画決定!「文春きいちご賞」ベスト10発表される!


最低映画を選ぶといえばラジー賞を連想しますが、
日本でも同じようにダメ映画を選ぶという企画があるようです。
観客動員数と、その映画の良し悪しは別物・・・という結果も。
「日本映画界の風通しをよくしたい!」という主旨のもと、自由にダメ映画を批評する賞として知られる、週刊文春(文藝春秋社)主催の2007年文春きいちご賞が発表された。ちなみにきいちご賞とは、アメリカのゴールデン・ラズベリー賞のラズベリーをきいちごと日本語にしてみたらしい。

37人の映画批評家らの投票によって選ばれた2007年で一番ダメな映画1位は、反町隆史主演の映画『蒼き狼 地果て海尽きるまで』。審査コメントも「モンゴル語を日本人がやってもリアリティーがない」さらに「興行が大コケとは救いようがない」など批評も辛口。そのほか興味深いのは、2位に映画『恋空』、8位に映画『HERO』がランキングされていること。“日本映画バブル期”と言われる昨今、大ヒットとなった2作品だが、ダメ映画としても上位にランクインするという結果となった。

配給元からすれば、自社の作品を公にワーストと言われることはマイナスイメージになる。しかし、日本で唯一ともいえる何にも左右されない自由な批評に敬意(?)を表しているのか、配給元から文春編集部への表立った苦情は(今のところは)ないとのこと。なお、今年からベスト映画賞も登場。こちらには洋画の『パンズ・ラビリンス』が1位に輝いている。

全ランキングは、週刊文春(文藝春秋社刊)、2月28日号:2月21日発売に掲載(販売価格:320円)


やはりラジー賞から名前をとったのですね。
安直な名前のつけかただけど、分かりやすくて良し。

海外作品で駄作と評され、ラジー賞を受賞する大物俳優は多いものですが、
日本でも大ヒット作品がランクインしてますね。

この企画は、来年からも続くのかしら?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000008-flix-movi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。