ハリウッドスターのギャラって・映画が好き!新作・旧作・洋画・邦画・アニメ・俳優・女優・ランキング・ニュースなど映画に関する話題を何でも集めてます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッドスターのギャラって


とにかく法外な報酬をもらっているアメリカの映画スター。
映画1本で10億、20億、さらには30億のギャラを得ているスターも。
なぜそんなにも高額なギャラが支払われるようになったのか。

アメリカの映画雑誌では「本当にふさわしいギャラは、この額だ」といった特集が組まれた事もあるそうだ。
たしかに、出演する俳優如何でその映画の興行収入に差が出るものだろう。
だから映画会社としては多少高い報酬を支払ってでも、お目当ての俳優に出演してもらいたいのでしょう。
しかし俳優の出演料に予算を割きすぎて、美術・衣装などにお金をかけられずに映画の質そのものが低下してしまう場合も。
これじゃ意味ないですよね。

そもそもこれほどにギャラが高騰した原因は何なのか。
誰もが知る2人のハリウッドスターの影響があるようなのだ。

それはトム・クルーズとアーノルド・シュワルツェネガーの2人。
1980年代後半、金勘定に異常に長けたこの2人の存在と、新参会社カルロコの金にものをいわせたスター買いがギャラ高騰の発端となったと言われているようだ。

さらに、「チャーリーズ・エンジェル」第1作目では1200万ドルだったキャメロン・ディアスのギャラが、第2作目では2000万ドルに。
こうなると他の俳優だってそれに追随してギャラの値上げを訴える。

さらには主演俳優は、映画会社の経費でホテルのスイートルームに住んだり、出演料とは別にお小遣いをもらったり。
とにかく好待遇。

日本だけではなく、アメリカでも映画館離れが進む現状で、これ以上出演俳優にお金をかけるのはいかがなものだろうか。

ちなみに、ハリウッドスターの中にも、ブルース・ウイリスのように、一方では10億、20億のギャラをもらいながらも、低予算作品へは安いギャラで出演するという良心的な俳優もいるのだ。
まぁ、これは例外ともいえるほど少数派だろうと思うけど。
Copyright © 映画よろず話 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。